パワーストーンは右手か左手か


開運の効果があるとされているパワーストーンというアイテムがあります。

最近はよく身に付けている人を目にすることがありますが、
様々な効果があるパワーストーンだけに身につける場所によっても
効果も変わってきます。

例えば腕につけるブレスレットの場合は右手につけるのか左手につけるのかで
向き不向きがあるようです。

基本的に左手に身につけると受動的、右手につけると能動的な
開運効果があると言われます。

金運アップをしたい場合、パワーストーンのブレスレットを左手につけると
宝くじなどの受動的な効果、右手につけると商売繁盛などの
能動的な効果が期待できます。

また、パワーストーンの種類によってもどちらにつけるかで効果を
発揮できるかどうかが決まります。

右手につけると金運アップとなるのがタイガーアイやラピスラズリ
といったパワーストーン、タイガーアイは風水の見地に基づいた
開運効果のある石です。

左手につけることで金運アップの効果が高いのがゴールドルチルや
シトリンといった石です。

ゴールドルチルは金色にギタギタ輝く迫力ある石で、シトリンは
プラス思考をもたらしてくれるとされています。

ここぞという時に運気を上げる効果を高めるにはこういった身につける
場所という要素も重要です。

posted by 金運アップ 開運ナビ at | パワーストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パワーストーンの結び方


パワーストーンを身に付けて運気を上げたいという方も
多いと思いますが、販売されているパワーストーンだと好みの色や
形の石がないという場合もありますよね。

ならばいっそ自分で作ってしまうというのも一つの方法ですね。
バラ売りされている石やヒモを買ってきて作れば自分好みの
パワーストーンアクセサリーが作れます。

しかしパワーストーンのアクセサリーの作り方が多くの人が悩むのが
ヒモの結び方のようですね。

例えばネックレスにする場合のヒモの結び方ですが、
まず石はヒモの中心ではなく5cm程度左右の長さに差が出る位置に持ってきます。

短い方のヒモに1重の輪を作ります。固く結びすぎないようにしましょう。

その輪の中に長く残した方のひもを通し、輪を包むように
ぐるぐると数回巻きつけます。

締め上げると石がしっかりと固定されます。

後は二本のヒモで二重の輪を作って締め上げればできあがりです。

もちろん結び方はこれ一つではありませんし、ネックレス意外にも
ブレスレットや携帯電話のストラップにするという方法もあります。

インターネットでいろんなアクセサリーの作り方があるので
そういったサイトを参考に、自分だけのオリジナルパワーストーンアクセサリーを
作ってみましょう。


posted by 金運アップ 開運ナビ at | パワーストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


クロム化合物に合成
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。